2024.4.13

初夏鮎、とうもろこしスタート 季節のお任せコース 15,400円  予約制 2人前〜 前日迄の予約

  • 季節のお任せコースでは旬の食材や今シェフがお客様
    召し上がって頂きたい料理をご用意しております。

初夏の食材 とうもろこし 今年もスタートします。 

季節のお任せコース 15,400円  予約制 2人前〜当日も予約可

Menu

・キャビア 一口の幸せ

・とうもろこしの冷製ポタージュ

・ラーゴスペシャルサラダ スペイン産最高級56ヶ月熟成ベジョータ生ハム添え

・鮎のコンフィ フレッシュメロンソース

・バジル ジェノベーゼパスタ

・鏡山牧場放牧牛肉のロースト タタキ仕立て 自家製ソース 入荷時のみ
※前回召し上がれているお客様は変更させて頂きます。ご予約時にお伝えください。

・〆のパスタ(ご希望のお客様へ)
※シェフ池邉のスペシャリテ絶望ペペロンチーノは1階のみ提供しております。

・チーズ3種盛り合わせ(ご希望のお客様へ)

・デザート

・カフェ

 

・召し上がれない食材や料理がございましたらご予約時お伝えください。

※仕入れ状況によりメニューは変更する場合がございます。

 

お支払い
レストランのお食事はお支払い時にサービス料5%頂戴していますが
現金でのお支払いのお客様はサービス料を無料とさせて頂きます。
(viza master  JCB アメックス ダイナーズ)   インボイス対応

 

2024.2.3

ラーゴをより知っていただきたくて 店内情報を詳しくご説明しております。シェフ池邉正憲のプロフィールもご覧下さい。

 

大阪帝塚山にラーゴはあります。
2005年に西田辺で開業し2024年今年で19年目を迎えます。
3店舗展開していた時期もありましたが

7年前から今の場所で店を構えています。
現在は1店舗でシェフ池邉が全ての料理を作りあげています。
料理は一斉スタートやコース1本のみのスタイルをあえて選ばず
各種コースや単品料理を用意しお客様に合った内容で提供しています。
コスパ重視やインスタ映えを故意に狙った料理はしていません。
結果的にお客様がそう感じて頂けたのなら嬉しく思います。
写真もご自由にお撮り下さい。料理で気になる点がございましたらお気軽にお声掛けください。
2階席はあまりお話す事が出来ないかもしれませんが予めご了承ください。

シェフ池邉正憲がイタリア料理歴27年かけ
築き上げた料理感をお楽しみください。
ラーゴの料理を通じて、お越し頂いたお客様に元気と幸せを
お届け出来ればと思っています。

 

帝塚山の街並み  
市内でありながらゆっくりとした時間が流れているように感じる町並みです。
閑静な住宅も多数あり大阪屈指の高級住宅街でもあります。

店の目の前には100年続く路面電車が通りどこか懐かしい風景があります。

交通手段
ラーゴへは天王寺からは阪堺電車通称チン電で約10分で帝塚山3丁目駅下車徒歩1分
なんば駅からは
南海高野線で約10分、帝塚山駅下車 徒歩5分
近隣にはチン電約10分で住吉大社にも行けます。

目印 帝塚山郵便局の真迎えです。 お隣は帝塚山商事さんです。

 

Lago 店舗 強みと弱み

ラーゴは1棟建て4階までありレストランは1階、2階です。

1階席の強み 1名様〜
・最大9名席ですが、通常6席なのでゆっくりとしていただけます。
・割烹スタイルの樹齢200年無垢の木1枚カウンター
・ハイチェアではなく、一般的椅子の高さです。
・床は絨毯がひいてあり、ゆっくりした空間です。
・厨房との距離が近くシェフ池邉の料理ライブ感を味わえる。
・シェフ池邉と料理説明、会話出来る。

1階席の弱み 
・2階にしかトイレがない
・1階はテーブル席がない

 

2階席の強み ※4名様〜ご利用出来ます。
・他のお客様とのテーブルは空いています。
・最大16名様貸し切りが出来る
・テーブル席 
・ゆっくりお客様同士会話出来る
・大人7名様〜貸し切り出来ます。

2階席弱み
・基本4名様〜前日迄の予約制となります。

・シェフ池邉の料理説明があまり出来ない
・階段しかない エレベーター無し
・料理の提供がゆっくりとなる
・2階席にしかトイレがないので2階席のお客様専用トイレではない
※トイレは3階スタッフルームにもあり

料理の強み
・パスタ 一番人気の絶望ペペロンチーノは是非ご賞味ください。
・シェフ池邉が作っている安心感
・料理歴25年以上の経験を持つシェフが作り上げる
・食材を引き出した料理
・旨味調味料一切使用していない。
・上質なエクストラヴァージンオイルのみ使用
・色々なコースがあり、単品料理あり
・一斉スタートや決まったコースのみではない
・こだわりのグラスワイン常時10種あり
・生ハムのレベル、チーズのレベルが高い

料理の弱み
・コスパ、インスタ映えは狙っていない
・有名店ではない 自慢が出来ない
※隠れているつもり無し、有名店になりたくない訳では無い

 

 

株式会社Lago 代表取締役社長 池邉裕子 オーナーシェフ 池邉正憲

私たちの想い
「私たちは食べてもらうことがゴールではなく
大切な人と大切な時間を過ごして頂き
明日の元気をこの町から笑顔が生まれることがラーゴの想いです。」

 

 

プロフィール

オーナーシェフ 池邉正憲 イケベマサノリ

福岡県出身 1975年8月4日 A型 獅子座 兎

座右の銘 不撓不屈 

 

店名について

Lagoラーゴの店名の名付け親は私の師匠ポンテベッキオ山根大助シェフです。

Lagoはイタリア語で湖と言う意味です。

私、池邉の池を分かりやすく覚えていただけるようにと名付けて頂きました。

会員

全日本食学会 会員

日本イタリア料理協会 会員

活動

田辺小学校に約10年以上、年1回5年全員を対象に
食の大切さを
料理を通じて教えに行ってました。

経歴

大阪あべの辻調理師専門学校卒業

ポンテベッキオ入社 本店天満橋店 ※現在北浜に本店は移転しています。

オステリアカポエジリオ シェフ就任  (豊中緑ヶ丘モノレール小路駅より徒歩2分)

2005年10月9日 Lago開業 西田辺店(現在閉店)  オーナーシェフ池邉30歳

2010年pizza Lago2店舗目(現在閉店)

2011年帝塚山Lago3店舗目(現在移転)

2017年 株式会社Lago 現在の場所に移転 (大阪市住吉区帝塚山中3丁目1-5)

2024年 ラーゴ開業19年目迎えます

 

レストラン部門・物販部門・ワイン販売部門・ロイヤルビワミン響販売部門
・酒販免許取得(ワイン販売)
・油脂製造業取得(ペペロンチーノオイル販売)
・瓶詰め缶詰製造業取得(バーニャカウダ販売)
・菓子製造業取得(チョコテリーヌ販売・フォカッチャ販売)
・ロイヤルビワミン響代理店(ロイヤルビワミン響販売 イグサ青汁販売)

 

池邉正憲 料理人を目指した経緯

私は幼い頃からサッカーが大好きで
高校時代は福岡県代表としてもプレーした事もあり、
20歳までは本気でプロサッカー選手を目指してました。
佐賀県のイタリア料理店でバイトした先の
シェフ(現在東京シュングルマン小池シェフ)との出会いが
私にとって大きな転機となりました。
一緒に調理場にいたのは1年足らずの間でしたが、
バイトで提供されるまかないパスタは
こんなに美味しい料理があるのかと
感動したのも昨日の事のように覚えています。
「料理の世界はいいぞ。料理の世界はいいぞ。」
と言うシェフの言葉を聞いて私は料理の世界に魅了されました。
その後小池シェフは俺は東京に行くから、お前は大阪に行ったらどうが
言わ大阪あべの辻調理師専門学校へ入学しました。
その後、小池シェフは帝国ホテル村上料理長の元修行し、
現在は東京でジャングルマンオーナーシェフです。
今思えば27年前小池シェフとの出会いが無ければ料理の世界には入ってなかったと思います。

私は大阪を大阪行きを決意し、辻調理師専門学校卒業後
ポンテベッキオ山根シェフの元で修行しました。
私の師匠でもありLago の店名の名付け親でもあります。
ここでの修行は厳しいものでしたが一生の財産となりました。
多くの仲間達とも出会う事が出来ました。

私のモットーは「石の上にも10年 自分から諦めない」
最初から上手い人はいない、諦めない事が大事と自分自身に言い聞かせて今までやって来ました。
まだまだ道半ばこれからも楽しく全力で頑張ります。
大変、辛い時期があるからこそ楽しめる。
本気でこれからも楽しく夢を追いかけながら料理を作り続けていきます。
あれから27年、この道に入った事は間違いじゃなかった。と今思えるようになりました。

 

Lagoシェフ池邉 料理への思い

私池邉が思う本物、本質をつく料理は
美味しい料理を作るのはもちろんですが、料理が健康を作ります。
健康になれる料理は元気になります。元気になれる料理は心を豊かにします。
美味しいプラスαの料理を目指して作ります。

食のもう一つ大事にしている事は,ある方から言われた言葉です。
「あなたは美味しい料理を作れば良いと思っていませんか?
食で病気にもなるし、食べ物で争いも起こり、戦争も起こる
その大事な食をあなたは担っている事を自覚して料理をしなさい。」
もう10年前ぐらいになるが、大事にしている言葉です。
私は料理人なので食でしか表現出来ません。食を通じて微力ながらでも
「食の幸せ」を大事にし常に美味しい料理を作りたいと思います。

他人の価値に振り回されずに自分自身が大事にしている事
美味しいと思う事にを信じて料理をしています。

 

未来に繋げたいシェフ池邉のSDGS

価値は時代時代によって流行りも変化します。
マグロは昔は赤身を食べトロを捨てていたと、しかし今はトロを高価値で取引されます。
江戸前高級寿司で食されるコハダもその一つです。
大阪にも泉佐野漁港天然フカや黒鯛は一般的には今はあまり価値はありませんが
血抜き神経じめ、鮫皮をしっかり取り除けばとても美味な白身魚になります。
手間はかかりますが、天然資源の枯渇にこの様な魚を美味しく食べる事は大事だと思います。
しっかり処理する事により、日持ちもします。ロスフードの観点からも、
地産地消にとっても、魚離れのお子様にも小骨の無いフカはとても食べやすいお魚です。
フカや黒鯛には色々な意味メッセージを込めて料理をしています。
他人の評価よりも自分自身が体験から得たものに価値があると思っています。

ラーゴでは私自身で感じた感覚で、正式なエビデンスやデーターなどはありませんが、
試行錯誤しながら研究して市場の価値だけを鵜呑みにせず
私自身の経験から美味しいと感じるものを信じ食材や調理をしています。
生産性、大量生産は求めず食材たちと向き合い愚直に丁寧に料理を作りたいと思います。

ラーゴで提供する料理はシェフ池邉がその料理一品一品に
思い出があり、お客様にその一皿にかける思いを伝えたく
なる様な料理を提供しています。
お勧め料理はやはり パスタです。その中でも
シェフ池邉のスペシャリテ「絶望ペペロンチーノ」は一押しです。
職人の技をお楽しみください。
シンプルで奥行きのある料理を目指しています。
うま味調味料は一切使用していません。
食材にこだわるのはもちろんですが、
調理にも上質なエクストラヴァージンオイルのみ使用しています。
炒める際も美味しいオリーブオイルは加熱しても美味しいからです。

これからも料理人として、熱量エネルギーを常に持ち、初心を忘れずに
楽しみ一喜一憂して本気で料理を作り続けます。
これで終わりと言う事がないのが職人の仕事の醍醐味だと思います。
私自身一生現役で作り続け
もっともっと上を見ながら探究心を忘れずに
これからも私が思う美味しい料理を追い求めて行きます。
これからもラーゴをシェフ池邉正憲を宜しくお願い致します。
シェフ池邉正憲