2021.5.28

宮崎県グラスフェッド黒毛和牛放牧牛ローストビーフ仕立て 100g 6,480円(税込)

2022年9月19日より期間限定にて販売致します。

量に限りがありご注文のお客様はご予約を事前にお願い致します。※メールでも大丈夫です。

宮崎県八崎さんが手掛ける鏡山牧場グラスフェッドビーフ
10年もの間大切に育てた放牧黒毛和牛です。

ラーゴ自家製ローストビーフ + ソース付   100g  6,480円(税込)

賞味期限 冷蔵保存 1週間

赤身のお肉で牛本来の旨味を引き出した自信作です。秘伝ソースも♪

ラーゴソースで使用する調味料は
井上醤油、相生みりん、赤ワイン、ニンニク、生姜、玉ねぎ、てんさい糖、塩のみです。

塊のお肉を生のまま3日間漬け込み赤身のお肉を柔らかくしています。
その後は備長炭でじっくり焼き上げ
蒲焼きのようにタレにお肉を漬けながらローストして焼き上げます

食べ方
最初はシンプルに
島根の藻塩、粗挽き胡椒で
その後は別添えのラーゴ自家製ソースで、お楽しみ下さい。

このお肉を使う経緯について少し お話しさせてください。

八崎さんと以前お会いし、とても牛の育て方に感銘を受けて
この度ラーゴで取り扱いをさせて頂きました。

八崎さんの鏡山牧場は宮崎県延岡市にありグラスフェッドビーフ放牧黒毛和牛の経産牛です。

こちらでは放牧し牧草のみを食べて約10年飼育しています。
日本ではこの様な飼育はとても難しく頭数もかなり少ない希少な牛です。

通常であれば牛舎で穀物を与えて2〜3年育ててお肉となりますが
こちらの鏡山牧場では小さい頃は牛舎で大切に育て、穀物は与えず牧草のみで育てます。
その後は広々とした土地で牛たちは伸び伸びと放牧して牧草を食べて育ち仔牛を産みます。
ここでは約10年と長い年月を経て経産黒毛和牛はお肉となります。
通常飼育が2〜3年と考えると、すごく長い間大切に育てています。
私が八崎さんに思った事は、牛を大切にし、牛に敬意を払い、本来の味を追求していると感じました。

穀物を与え、狭い牛舎で育てたサシが多く柔らかい肉を良しとしない考え方に
私も感銘を受け今回、八崎さんのお肉を使ってみたいと思いました。

ただ課題もあり
赤身で旨味は強いのですが、どうしても肉質が硬く
どの様にして柔らかくするかは、かなり試行錯誤しましたが
今回、課題を克服でき、
私シェフ池邉が自信を持って召し上がって頂きたいローストビーフが完成しました。